2019.07.27

【第6回 東海道53次~箱根旅~】藤沢宿~茅ヶ崎~平塚宿

東海道53次箱根旅、第6回を迎えました!
日本橋からと思うと感慨深いですね。

DSC00720.JPG

そしてなんと、箱根まで第10回、半分を超えたんです!
出発してから約50km、これからドンドン東海道らしい道に変わっていきます、この先も楽しみですね!

DSC00706.JPGDSC00707.JPG

さて、そんな箱根に想いを馳せながら歩みを進めますが、実は今回の出発地藤沢宿も歴史ある建築物などが沢山残っています。

DSC00699.JPG

その代表が藤沢宿に入ってすぐに確認できる「紙」と掲示された古民家、なんと当時から現存しているそうです。

DSC00709.JPG

その他には義経と弁慶の話があります。
義経と弁慶のお話自体は有名ですが、討ち取られた後のお話が諸説あります。
その中の一つがこちらの藤沢宿にございます、どういったお話かは調べてみると個性豊かで面白いのでぜひ。

DSC00715.JPG

大きな白い鳥居のあるこちら「白幡神社」、なんと鳥居がグラスファイバー製、確かに全然質感が違います。

DSC00716.JPG

思わず皆様触ったり叩いてみたり、コンコンと心地いい音でした

DSC00721.JPG

東海道と言えばやっぱり松林、これを見ると東海道だなーと思うようになってきました。
気分はすっかり当時の旅人です。

DSC00723.JPGDSC00722.JPG

お待ちかねの昼食、茶わん蒸しと塩で食べる天ぷらが人気でした。
疲労が出てきた時にご飯を食べると普段よりいっそう美味しく感じます。

DSC00729.JPG

いつもは右側に見える富士山。
こちらからは左側に富士山が!...が、見える場所。
残念な天候で見えず...なかなか富士山に恵まれない東海道...姿を見せてほしいものです。


DSC00735.JPGDSC00733.JPG

富士山はでっかいですが、こちらも負けていない「でかまん」!
おまんじゅうです、おまんじゅうなんですが、私の顔より大きい。

DSC00736.JPG

ケースの外側からですが、手元の携帯と比較...これ、持てるんですかね?
八等分して初めて携帯と同じぐらいの大きさです、。

DSC00739.JPG

最後はながーい橋を渡ってゴールです、見どころはこれだけではないです。
全て書ききれないのが残念、見るだけでなく実際に参加するとその場の空気など感じられます。

ぜひ、一緒に歩きましょう!